てんかん治療薬に使われる成分カルバマゼピンは主にてんかん治療薬で有名なテグレトールの主成分として使用されています。当サイトでは成分カルバマゼピンについて本や説明書からは学ぶことのできない利用者の口コミや体験談を中心にご紹介していきます。

カルバマゼピンの体験談を語る女性たち

wikiで調べたカルバマゼピンの反応

カルバマゼピンとはwikiによるとてんかんの発作や向精神薬として使用される薬剤の1種だとされています。
てんかんの症状はNaチャネルなどの電気信号が突発的に刺激を起こすことで症状が引き起こされます。この症状を改善するには興奮性のシグナルの働きを抑制し、異常な電気信号を抑えることが有効です。
wikiによるとカルバマゼピンは脳神経や末梢神経のNaチャネルに反応し遮断をするといいます。またカルバマゼピンは長きにわたり三又神経痛の薬としても効果を発揮してきましたが、近年では双極性障害の治療薬としても使用されているといいます。
またアルツハイマー病などの周辺症状にも、効果的であるということも分かってきました。中でも抗精神病薬に反応しない精神症状や、焦燥性興奮に有効だと言われています。
脳の興奮を抑える作用を持つことから抗てんかん薬の効能以外にも、気分の高揚により症状が出る躁病の治療薬としても有効性が認められています。
カルバマゼピンは即効性はなく効き目を感じるまでには、1週間以上はかかるといいます。投与の際は定期的な血中濃度の測定を行いその反応を確認しながら、今後の薬の量などの治療方針を決めていきます。
wikiによるとカルバマゼピンは投与初期は血中濃度が高い数値を示すことがあるようですが、投与後3週間程度で投与量に比例した数値になるといいます。
またカルバマゼピンは薬物の過剰摂取や過剰服薬が懸念される薬であるということも分かっています。
場合によっては重篤な症状を引き起こしかねない事態になることを避けるため、投薬の際は治療薬物モニタリングが必要だとされています。
治療薬物モニタリングとは治療効果や副作用の可能性を考慮しながら、個々の患者に合わせた用法・用量を定めていくことをいいます。