てんかん治療薬に使われる成分カルバマゼピンは主にてんかん治療薬で有名なテグレトールの主成分として使用されています。当サイトでは成分カルバマゼピンについて本や説明書からは学ぶことのできない利用者の口コミや体験談を中心にご紹介していきます。

カルバマゼピンの体験談を語る女性たち

カルバマゼピンの副作用体験談

カルバマゼピンとは、抗てんかん薬として多くの現場で使用されている薬です。
脳神経や末梢神経に対して作用するもので、Naチャネルの働きを阻害する事によって、電位の立ち上がりを阻害します。
それによって、てんかんの症状としてよく見られる失神などの大発作や精神運動発作と呼ばれる本人の意識がない状況で意味のない行動などを繰り返してしまうといった症状を抑えることが出来ます。
また、てんかん症状だけでなく双極性障害の躁状態や、認知症の周辺症状である物盗られ妄想などの症状を軽減し、三叉神経痛の疼痛緩和を行う事ができます。
そのため、てんかん治療においてカルバマゼピンは欠かすことが出来ない薬剤だといえるでしょう。
そのようなカルバマゼピンには多くの副作用があります。様々な体験談が寄せられている薬ですが特に多いのは眠気や倦怠感についての症状です。
実際、てんかん薬の副作用として有名な眠気や倦怠感ですが、カルバマゼピンでもよく見られる症状です。この症状により日中なかなか活動できにくくなるケースも珍しくありません。
また、薬の影響で車の運転が認められない事は珍しくありません。そのため、生活上の不便を抱えている事も副作用から生じる体験といえます。
そして、眠気以外には悪心や吐き気が強くなる傾向があります。特にカルバマゼピンの導入時期に起こりやすい症状で、薬の濃度が急激に上昇することで生じる症状です。
服薬コントロールが上手く行かない場合や、様々な薬剤との相互効果で起こるのですが、副作用を体験している人にとっては身体的に悪くなっている感覚があり、治ると感じることが出来ないケースも珍しくありません。
こういった苦しさを抱えながらてんかん治療を行っている事を理解しておきましょう。