てんかん治療薬に使われる成分カルバマゼピンは主にてんかん治療薬で有名なテグレトールの主成分として使用されています。当サイトでは成分カルバマゼピンについて本や説明書からは学ぶことのできない利用者の口コミや体験談を中心にご紹介していきます。

カルバマゼピンの体験談を語る女性たち

カルバマゼピンを飲んで仕事に必要な自動車免許を取得

カルバマゼピンとは、意識障害やけいれんなどのてんかんの発作を穏やかにしたり、予防したりする効果のある薬です。
現在、幅広い年代の人に利用されている、比較的知名度の高い薬です。その他にも、躁うつ病による気分の浮き沈みの緩和や、顔面の筋肉が硬直して痛みを伴う三叉神経痛の緩和などにも使用されています。
そもそも、てんかんの発作は、脳の神経が必要以上に興奮してしまうことによって起こるものです。カルバマゼピンは、そのような脳の神経が興奮した状態を抑えて、てんかんや躁うつ病などのさまざまな症状を緩和します。
脳の受容体に直接作用することによって、強い効果を発揮できるものなのです。
そして、てんかんの症状を持っている人で、自動車免許の取得が可能かどうかと不安に思っている方も多いのではないでしょうか。
ニュースなどで事故の話題などを耳にすることも多いです。しかし、全てのてんかん患者が自動車免許の保有を禁止されているということはありません。
仕事で車を使用する人も多いですし、現在の発作の症状の状態によっては、自動車を運転することができます。過去に数年以上発作が無く、今後も発作が起こるおそれがないと医師に診断された時は、自動車免許の取得が可能です。
実際に、カルバマゼピンなどの薬を定期的に服用し、自動車免許を取得して仕事復帰を果たした人も多くいます。そのため、積極的にカルバマゼピンなどのてんかん治療薬を服用して、発作の症状の予防につとめることが大切とされています。
仕事復帰のためにも、万全な対策をとりましょう。
カルバマゼピンの服用を始める際には、医師などに確認して、きちんと自分に合った用量・用法を守って服用することが大切です。